FC2ブログ
 

適当キングダム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴウエンスターター改造案

改造前のファイルはこちら

2008y12m18d_024207531.jpg

アティラははずれカード、空欄になっているカードは火山から飛び出す飛竜です。
もともとスターターに入っていないカードにはカードリストにリンクを張りました。
<入れたカード>
傭兵王国の馬騎士×2
傭兵国家の正式兵×2
水の槍×1
魔術の使い手×1
獣化病ハヌマン×1
少年僧兵×1
<外したカード>
火炎竜巻の翼竜×2
地竜×1
大地の巨大蛇×1
勇猛果敢な青年騎士×1
制圧の重装歩兵×1
切り裂く太陽王国の騎士×1
水竜×1

どんなことを考えて改造したかなどは続きから

まずこのファイルを改造しようとした時にオープンダメージ特化のファイルにしようと思いました。(前回の記事に書いてるように火の玉を入れたりして)
しかし、そのようにするとファイルコンセプトがフォルカウのファイルに丸被りして面白みがないように感じました。そのせいか、ファイルの形もさっぱり決まらず異常に時間がかかってしまいました(汗)
なのでこのファイルに入っているアティラと翼竜をうまく使うことをコンセプトとして考えることにしました。

まずアティラについてです。
アティラは勝利エリアにゴウエンのカードがあるとそのターンの優勢神族をゴウエンに変えます。
ただ、アティラのパラメータでは優勢神族の影響を受けてもHP50 AT30 AGI3の標準レベル3のユニットに普通に倒されてしまいます。援護をつけたり、アティラ自身を援護として使ったりという使い道はあるのですが、奇襲性の高いカードであるなら援護を使わずに勝ちたいと思いました。
そこで目をつけたのが傭兵国家の正式兵の勝利エリアスキルです。
アティラが優勢神族を変えると、相手のユニットはたいていの場合は優勢神族以外のユニットとなりほぼ確実にスキルを発動できます。スキルが発動すれば、アティラはHP50 AT40 AGI4で優勢神族でAT=80となり、大抵のユニットを倒せるようになります。
傭兵国家の正式兵自体も標準的なパラメータを有しており、援護発動も持っている使いやすいユニットだと思います。なのでレアリティの同じ火炎竜巻の翼竜と入れ替えました。

また、抜けた火炎竜巻の翼竜の穴を埋めるカードとして傭兵王国の馬騎士を採用しました。
「優勢神族じゃないときでも標準的なLv3カードを刈ることのが出来る」という火炎竜巻の翼竜がしたかったことはそのままに、援護発動と勝利エリアスキルを備えた優秀カードです(このユニットのスロットとして大地の巨大蛇と制圧の重装歩兵を抜く)
勝利エリアスキルはアティラとは相性は良くないですが自分自身や傭兵王国の正式兵を引いてこれるのでいろいろと便利でしょう。

あとは、ファイル自体の軽さのため失敗やあふれ出す魂用のユニットとして魔術の使い手、少年僧兵を導入。(いまいち使いどころを見つけづらい勇猛果敢な青年騎士、翼竜が減ったため価値が減った地竜をはずす)
切り裂く太陽王国の騎士も軽量ユニットの獣化病ハヌマンに1枚変更しました。
そしてそして水竜を非優勢ユニットの友、水の槍に変更
(自分が改造すると竜族ユニットがいなくなってしまうような…)

まわし方としてはGetSPが少ない時は低レベルユニット+SPブースト(あふれ出す魂、失敗)
優勢神族はなるべく守るのを基本としますが、序盤の高GetのときやGet2から3で手札やSPが豊富にあるときは優勢神族を無視して水の槍を使ったり、傭兵王国の馬騎士や火山から飛び出す翼竜などで勝ちに行ってもいいでしょう。
傭兵王国の馬騎士や火山から飛び出す飛竜は次のターンにプレッシャーをかけれるのでSP的に損でも次のターンの勝利で取り戻せることがあるので相手や自分のSPやLPと相談して積極的に使って行きましょう。
HPの多いユニットには弱い構成になっていますので、終盤はユニットにしっかりATを上げる援護をつけることをお忘れなきよう
あと、細かいテクニックですが、魔術の使い手は援護しだいでは戦闘にも使えます。(初期スタータ同士の戦いでは魔術の使い手+切り裂く太陽王国の騎士で魔法王国の魔弓兵を倒せます)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。