FC2ブログ
 

適当キングダム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LH7弾カード考察 ローティア編

考察書いていると、★1カードの文章を1行にしたくなる衝動によく襲われます^^;
いかんいかんと思って文章を後付けしたりするんですが、後から見てみるとやはり後半の文章は短いような(笑)

カードリストはこちら

本編は続きからです。

絶命剣
★5らしいとりあえずぶっ飛んだ能力を持ってますね。
メインの能力は即死効果と思わせておいて実はSP削りと手札破壊。
発動確率の低さ(相手がノーセット、相手に殴り倒される、自分が殴り倒してしまう)とコストの高さ、その割には低い効果からネタカードの分類になってしまう悲しいカード。
せめてHP=50ならと思ったり。

近衛兵長『アフェエミナ』
月公国版ルティナ。
能力がいろいろ付いていてわかりづらいですが、山札依存と勝利時発動さえすれば最低限の仕事はするので悪くはないのかも。
ただ、月公国手札に3枚は想像以上にそろいづらいので攻撃力にはあまり期待できないと思っていた方が良いかも。
月公国全般として他神族の時に狩れるユニットが少ないため特化ファイルというのは組みづらい印象ですね。

魔術師『ドミナ』
ドミナとガンちゃんもパートナーユニットの一つ。
それぞれ単体ではほぼ戦力にならないためコストが控え目というところで二枚羽と差別化を図っているようなイメージですね。
本体レベル1+援護レベル1でHP70 AT40 AGI3でオープンで1枚相手の手札を捨てさせ、勝利時発動でもう1枚。ユニットのサイズとしてはレベル5クラスで能力も強力です。
手札破壊と絡めてこちらの形態をメインで使っていくといくのが良さそう。
この手のユニットは片方しか引かない等の事故が怖いですがどれくらいうまく回るかは自分で回してみるまで解からないといったところでしょうか?自分はドミナ・ガンガドールともに1枚ずつしか持ってないのであんまし関係ないですが…

使役獣『ガンガドール』
こちらはHP90 AT50 AGI3 勝利時に相手の山札を2枚削ります。
こちらの形態は戦闘に特化したといった感じ。どちらにしろそれぞれこの能力より援護で上げることができないため2回目以降は出すタイミングを見誤ると相手に見切られてあっけなく負けてしまうことがあるでしょう。
ガンガドールはこのコストでこれだけ大きいので人間になる術なんかで強制的に出してもやっていけるような…。魔獣王『リヴィエラ』で勝利エリアにおけるユニットの中でも最大級な感じですね。

暗躍する策士
ATを減らす効果だけなら水の槍でいいし、手札を破壊するなら陰陽師の方が対象に制限がなくユニットであるため出しやすい。
このコストで2枚捨てさせられるのはそれでも破格なので使いようだとは思うんですが…

獣化病/タウロス
なんともおおざっぱというか^^;獣化病はネタ切れなんでしょうか?
とりあえず戦闘力だけで比べるとたいていの場合はフェンリルEXの方が優秀。
能力、といってもアタック発動で双方の手札を2枚破壊というのはデメリットの部類になると思います。
優勢ローティアでしか活躍できずレベルも4とそこまで軽くない。あんまりだなーと思ってしまいます。

戦闘魔法少女 殲滅型
なかなかド派手な能力をもってますねー。
優勢に能力が左右されないため他優勢でも使って行けますし、アタック発動なんでヴァイオレットからの後出しも可能となかなか魔法少女ファイルと親和性は高い気がします。
ホワイトリリーとやることが被ってるような気がしないでもないですがどっちを選択するかは好みといった感じでしょうか?
アタック発動のデメリットもシュメールや破棄再生とかがあるんでカバーするのはそんなに難しくはないのでは?

戦闘魔法少女 高機動型
優勢親族の効果を受けなくてもHP50 AT50 AGI4となるとかなり心強いですね。
発動条件も魔法少女ファイルならば容易に満たせるもので初手からでも使って行けるのもいい感じ。
似たようなカードに剣士型がありますが、安定性ではこちら、最終的な攻撃力ならば剣士型といったところでしょうか。
戦闘用魔法少女も相当な種類のカードが出て、それぞれのユニットが異なった魅力を持っていて、度のユニット入れるのが正解!というのも無くなってきてるなーというイメージを受けます。
そういった意味で魔法少女ファイルはなかなか奥の深いファイルだなーと思いました。

月公国の歴戦の騎士
ネームドカードのような迫力がありますね、このイラストは。
能力としては相手がリフェスならばアタックできず、手札にローティア3枚以上ならAT+10そして勝利時に相手のSP-2と多彩。
手札にローティア3枚以上というのは厳しいので能力としてあまり見かけないかもしれませんが勝ちながらSPを削れるカードで単体としてもそれなりに能力のあるユニットなので割と珍しい感じ。
リフェス版ともどもアタックさせないのを利用していろいろ悪さができないものかと考え中。

一瞬の決断
大抵炎の矢で十分なカード。
大剣兵でなら50ダメージ出せなくはないですが、それで?といった感じですね。
雰囲気を味わえればOKなら入れてみるといいのではないでしょうか?

月公国の疾風剣士
手札に発動条件がきたアイギナといった感じでしょうか?
手札に4枚というのは専用ファイル組んでても序盤はなかなか発動できません。
墓地に特定のカードを落とすカードが増えたため黒EX軍団の方が使いやすいかなーといった印象を現時点では受けます。
最近流行りの後から先攻を付与するタイプだったり、素のAGIが5で駆け抜ける女暗殺者やアイギナ、フェンリルEXなんかに速さ負けしないという意味ではなかなか見所のあるユニットだと思うんですが…

月公国の大剣兵
新しい形のパラメーターですね。
カウンター発動を使おうとするとHPの援護が必須というのがイマイチ。カウンタースキルを持った多くのユニットがこんな感じなのでHP援護というのは以前よりも多く見ることになるんでしょうね。
援護して1発耐えた後に殴れれば優勢下で150+手札1枚破壊とズガ様も真っ青な攻撃力を発揮してくれます。ただそのズガ様より遅いんですが…
レベル3ではありますが、フェンリルEXのようなフィニッシャーという位置づけで入れるのが正しいのかもしれません。

月公国の下級騎士
カウンター発動はあまりあてにできないというのが1つ。
勝利時発動が強い様な気もしますが、この種類のユニットが勝つということはGetSPは多くても2とかであまり得しているかわかんないというところもありこのカードにスロット割くかどうかは怪しいですね。
月公国成分が足りないと思ったりしたらという感じですかね?

彷徨う魔剣
嫌らしいのの一言に尽きますね。
下手をするとSP4も持っていかれてしまいます。敗北エリアスキルとしてもユニットにもダメージが入るので牽制にもなって面白いところ。
援護が使いづらいATのみの上昇というのがマイナスポイントですがないよりはよっぽど良いでしょう。
意外と高レベルになりがちだったSP削りですがこのカードの登場で組みやすくなったのではないでしょうか?

忍び寄る手
ゴミをつくる、悪魔の抱擁、失恋とレベル1の手札破壊カードはたくさんありますが新たに1枚。
オープン、アタックともに発動すればそれなりの仕事といえそうですが、アタック発動の発動率は結構低いです。
こういったカードを入れるということは手札破壊に特化したタイプのファイルだと思いますので確実に捨てさせるカードを使うのが無難だと思います。

月公国よりも魔法少女の方が強そうですね。やっぱり(´・ω・`)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。