適当キングダム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LH 5/25 追加カード考察

まぁ、こんなに連続で新カード出るとありがたみも半減といった感じ。
月に2つもファイルを回せればいい方の自分は最近消化不良です(つд`)
個人的には1カ月間隔でも良かったような…?

今回も各色3枚ずつで12枚
今回は紹介ページから各カードリストに飛べるようです。

本編は続きからどうぞ

騎士隊長『シャーティア』EX
自身をノーマルシャーティアで援護はできないようで。
出来たとこで使ったかは謎ですが、ネームドバッディングみたいなイメージでしょうか?

神殿騎士らしく勝利エリアスキルを持ってますが、自身は勝利エリアへのリクルート機能は持っていません。
神殿騎士ファイルには入るんでしょうか?墓地回収ということですが神殿騎士は勝利エリアスキルでファイルに戻っていくので意外と墓地に落ちないので使いにくそうなそうでもなさそうな…
大ラフィーレが似たような効果持っていて見た事無いからあんまりそういったパーツは必要ないのかも。

神殿騎士であるということより個人的には戦闘スペックの高さに注目。
サポつけることで優勢無視して優勢レベル3に勝てるのはおいしいところ。
突撃やら守備力強化なんかとも相性がよく、普通のファイルに入れても使いやすそうな印象を受けます。

太陽王国の神殿騎士EX
自身がリクルート持ってないだけで結構厳しい感じがあります。
やはり神殿の大きな売りの一つは2番隊の勝利エリアスキルで低ゲットでも損せず取っていける安定性だと思うので。

勝利エリアスキルがドローなのは面白いですが、どのカードを持ってくるということが問題。
リフェスの2以下ユニットとなると神殿騎士ではそんないないような。
目を広げてみればサフィリアEXや太陽の加護を受けた騎士等の使いやすい太陽王国関係が結構レベル2にあるので今回のEXでは神殿騎士+太陽王国ファイルというのをアピールしたいのかもと思ったり。

異端審判官『バルティア』EX
そう考えるとこのカードもその流れに乗ってるわけですが…
確かにオープンでHP40 AT20削れば相手が優勢下でも勝利は見込めますが、1番目の条件が厳しい。
そして、似たようなポジションにザガールEXがいたりします。
(そういえばGWの商品の真ざがーるも太陽王国関係の能力を持っているという噂を聞きましたが実際どうなんでしょ?持ってる人が少なそうだから確かめようが…)
実質のコストが6であったりと重さが目立つんでほかのカード使っちゃう気がします


夜歩く者『ルザ』EX
戦闘力は相手が手札5枚だったとするとHP20 AT20 AGI3と悲惨なもの。
さらに相手の手札が7枚以上の時は相手ノーセットでも自滅します。
ただ勝利エリアスキルがなかなか強力なので歪んだ狂信者的な使い方ができるのは面白いところ。
勝てばコスト2で相手のSPロックしてドローするという旧スカーレットローズに近い能力に。

コンボ的な観点で言うと星の怒りと合わせると無双できます。ゲンシンでも似たようなことはできますがこっちはドローとSPロックが付いているのでさらに相性抜群といった感じ。
手札破壊なんかと組み合わせるのもありっちゃありなのかも。あんま実用的ではなさそうですが…
リヴィエラやバンデールの餌にも最適で、ザルグールや巨大な多足の甲殻蟲のような立ち位置のカードと言えるのではないでしょうか?

幼き少女の霊EX
幽霊のSPロック版といった感じ?
ローティア限定でしか使えない割にこのコストが気になります。
はまったら結構なSP持っていかれますが、自壊能力のためあんましはまらないような気もします。
プロテクトが生きるようなサポートならあるいは…
どっちにせよSPロックとしては使えない印象です。

魂の守護者『フィミーリア』EX
LP5,4の時はレベル6オーバーのすごい能力になってます。
ただ、レベル2以下の時はほんとに厳しい感じ。
勝てばLP1もらえるけど負けた時にはLP1減るというのは自分は怖すぎて使えません><
使うとしてもあくまで露払いとしてでしょうかね

銃姫の護り『フィエルテ』EX
本家の能力をうまい具合にアレンジしていてまさにEXな感じの能力。
本家は後攻持ちですがこちらは持ってません。細かい違いですが火竜が相手の時とかは役に立つかも…
勝利エリア参照がHPだけになり相性の良いカードが本家とは少し異なる感じです。
傭兵王国の銃剣使い、傭兵王国の魔法使い、そして今回登場の正式兵EX辺りが妥当なところかな?
手札は消費する一方の本家とは違い、こちらは2枚消費の2枚ドロー。勝利エリアスキルをうまく使えればもう1枚くらい引けるかもなので、ドローのすくない傭兵ファイルでは役に立つ場面もあるのでは?

傭兵国家の正式兵EX
傭兵うんぬんの前に単体ユニットとしての優秀さが目立ちます。
ブーメラン戦士の様なスキルによってSP1バックした上にHPが20上がり、出しやすいリヴァーレのようなカードといった感じでしょうか。援護があるため腐りにくいですし。

勝利エリアはやっと帰ってきたパンプ能力(条件付き)
HPとATが上がる量が同一ではないためパンプとは呼べないかもですが、この能力を本家が失ってから傭兵はとりあえずおける勝利エリアカードがなくなったイメージがあります。
今回の追加EXで傭兵もアリーナで見かけることはぼちぼちでてきそうな感じがします。

勇敢な剣士『ディラート』EX
1つ目のオープンによって安定性は大分上がるのですが、使える機会が傭兵ファイルくらいしかないのが厳しいところ。
2つ目のオープンは条件が厳しい割にはといった感じ。確かにSP4で出せれば嬉しいですが…
傭兵はフィエルテの能力なんかであんましたまんないイメージなんで手札に条件があるこの類の能力とは相性が悪い気がします。
どのゲームでもディラートって基本不遇なイメージがあります。いっぱい出てるのにね。

魔術師『アンティーラ』EX
今回の12枚の中で1番ヤバそうなのはこのカードかな?
このカードが稼ぐアドバンテージの量が半端ないです><
妖精の踊りとセットした場合、優勢無視して優勢下標準レベル3に殴り勝ち、手札+1枚にSPまで増える。
フォルカウにしろゴウエンにしろサポート使ってもドローできるので手札が枯れにくい。
さらに、ゴウエンのサポート使った場合は相手の戦闘力も下げるので魔力武器や炎の矢で高ゲットも狙いに行けるのが怖いところ。

大海の人魚魔術師EX
なかなか条件きつめのオープンが2つ発動したところで他優勢での安定性はノーマルとそんなに変わらない感じ。
ノーマルは初手でも出せる使いやすさがあるので普通に考えるのならノーマルが選択肢になる感じ。
援護でも使えるという利点を生かせるのならば有用なカードだとは思うのですが…
少女人魚につけたところで飛行や弱者の盾をつけた時となんら安定性は変わらずコストだけが高くなり、メリットと言えばファイルの人魚率を増やせることだけと結構厳しい立場にあるような気もします。
人魚はほかの援護が優秀ですからね…

人魚姫『エメーナ』EX
本家はたぶんこういう感じの修正が望まれていたのだろうといった感じのカードになってます。
勝利エリアにおいて能力参照はドローが強力な人魚なんで相当に強いはず。
人魚族の弓兵なんかと合わせると安定して狩れますし、ノーセットならば海底牧場の魔女でブーストということも可能。
勝った後はちゃっかりドローできるし強いと思います。
見た目以上に後だしのメリットは大きいですし。

○○EXみたいなカードってファイル編集画面で探すのめんどくさいんですよね…
ファイル編集画面の方でもカードリスト同様レアリテティ検索の欄にEXつけて欲しいなぁと思う今日この頃です。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。