FC2ブログ
 

適当キングダム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LH:8弾考察(ゴウエン編)

なぜかこの記事は書いてる途中で2回、3回と消え、リアルでの連日厄日が重なり相当遅くなってしまいました…。
アリーナに行くどころかインすらしていない日が多く、早く暇にならないかなぁと思ってたりします。

本文は続きからです



魔滅者『ヴォル・アグニ』
グリモアを封じ、さらに山札から墓地にグリモアを送ることでパワーアップ。
アルテイルでの動き方に忠実な形で再現されています。
LHの場合は勝利時にグリモアを戻してくれるおまけ付き。
炎魔人とおなじ様に治癒封じとして活躍してくれそう。
戦闘力自体は他優勢狩れるほどのものではないですが、炎魔人と違ってユニットでの援護は可能なだけ他優勢でも出しやすい感じがします。
ただ、最近はLP回復系のカードも多く、妖精族の治癒術師ニコルには対処できないのが残念なところ。
個人的には治癒呪文以外のLP回復系はメイリーンくらいのカードパワーでいいと思っています。
現行カードはいろいろ出来すぎてね。

熱血暴走野郎『オルヴァウス』
アタック発動で相手のHP=0というところだけを読むと即死系カードなんですが、相手の攻撃を受けるとパワーアップして能力が使えなくなってしまう勝手な子。
感じとしては巨大暴れ象に近いカードなのかもしれません。
レベル5で優勢選ばずとこでもそこそこ戦ってくれて勝てばドローなんで悪くはないカードなんだけど、やはり1発で決めれないのは少し残念な感じ。
AT1以上の能力の係数の関係でさすがに相手の攻撃を2回耐えれたら勝てそうなので見た目ほど終盤でも使えないことはないと思います。
なんだかんだで高ATがいない環境でもありますし。

智慧の代償『リズ』
アタック発動で山札を下から3枚墓地に送るという珍しい能力です。ただ、大抵の場合上から送ろうが下から送ろうが関係ないのが悲しいですが(笑)
アタック発動1個目が終了した段階で墓地に7枚以下のカードならば墓地から選択したカードを山札の上に、8枚以上の時はHPを40削って山札に4枚墓地からカードを返します(ランダムで)
このユニットのパラは勝ちに行けるパラではないため能力を使った時にはLP1とSP3を消費します。
それでできることというのがさびしすぎるというか…
8枚以上の時は二つとも能力発動できても良かったんじゃないのかなと思います。
AT0のユニットのアタック発動なんで幽霊みたいに複数回アタック発動すると面白いことになるようなスキルをつけれればまだ魅力があったのに…

妖精騎士『トルテ』
レベル2のカードですが相手の勝利敗北エリアにカードがあればそれ1枚ごとにSP1使いそれらを除去、自身をパワーアップします。
相手の勝利敗北エリアのどちらかを除去し、3つ目のオープンで自分の勝利敗北エリアを1枚除去すれば、コスト3でレベル5相当のパラに。
援護として使ったときも援護幅が優秀、かつレベル2であるため相手の勝利/敗北エリアへの後出しにも広く対応でき強い感じ。
これからのゴウエンの定番ユニットになっていくのではないでしょうか?

勇者の一撃
やっと出てきた援護HP-スキル。
レベル1グリモアとして考えたときにもレベル分の仕事はするため魔力武器なんかと相性の良いファイルには抵抗なく入ってくる感じでしょうか?
逆にいえば魔力武器が入らないようなファイルでは厳しい感じ。
ディラート専用スキルの方は、ATはやけに上がってしまうけど結局AGIが3のため安定感のなかったノーマルディラートにオープンで相手を倒し切るという可能性を与えるなかなか面白い一品。
AT+20が先に発動するのでダメージも相当なものになるのではないでしょうか?
専用グリモア+レベル6ユニットということで汎用性の面では難ありですが個人的には好きな感じです。

東方の居合い剣士
効果としては東方の女剣士を戦闘に特化させた感じですかね。
高速ユニットに強いのですがこの効果に引っかかるのがエレーナくらいしか思いつかないです。
アタック発動の方は優勢でなくとも優勢レベル3ユニットに勝てるタイプの能力。
感じとしては制圧の重装歩兵巨大昆虫に近い感じですかね。
このスキルタイプの場合、援護等のコンボ次第では結構な値に伸びることが考えられるため個人的にはおもしろいかなと思っています。
まぁ、ゴウエンのユニットは軽援護つけてカサンドラとタイマンはれるのが最近の採用ラインになっているためその点では厳しいかな~と思いますが。


竜眼王の精鋭騎士
手札の竜族の枚数によって、竜族持ってきたり、自身がパワーアップできたりと竜族ファイルとは相性の良さそうな赤竜国の面々。
ただ、これらのカードによって竜族の枚数が減ったとしてもゴウエンのカードに偏ってしまうのが難しいところ。
このカードのATが+20されても勝てる場面がそこまで多くなく、レベル4であるため竜族のドロー目的で出すためであっても少し重いというのが気になります。
勝利敗北エリアを生かせれば…とも思うんですが、赤竜国の戦闘ユニットはダイソン、ミルドレオくらいしか思いつかず、ダイソンは色が被り、ミルドレオはオープンが発動できないのため相性が良くないですし、もっと連撃できるユニットがいれば生きてくるかなという印象です。

傭兵王国の対魔剣士
ゴウエンで相手のグリモアを打ち消すタイプの能力。
このカードの場合グリモア限定ですが、グリモアを消した場合AT+20となりなかなかの攻撃力。
援護としても使用可能で、能力の挙動により、相手のレベル3グリモアも打ち消せる可能性があります。(そんな機会はあんまりなさそうですが)
この手の優秀ユニットだったフェリアがエイジスによって影を潜めたことを考えると、水の精霊援護なんかでエイジスを回避できるためエイジス耐性の面ではフェリアよりも優れている感じではありますが、このカードも今後のエイジスの流行次第かなぁ。

小さくして多なる翼竜
オープンでHP-30でレベル2標準パラを備えた上、レベル2という低コストを実現。
運次第ではフルカサンドラをも倒せるのは恐ろしくすらあります。
勝利時/敗北時能力によって手札を減らすことなく戦うことができるため、序盤などではあまり後先考えずに(笑)出していけそうです。
能力の発動条件の翼竜カードですが、カードプールもなかなか揃ってきており翼竜を参照するカードも多くなってきたため専用ファイルでもそこまで厳しくないかなという感じです。

火炎閃光の魔法使い
援護HP-持ちその2
本人のオープンによって自分がサポートにカードを置くことが厳しくなっています。
2つ目のオープン発動+自身の殴りで相手を倒すというのが主な活用法となりそうですが、サポートが出にくいゴウエンのユニットであり、序盤はそんなに援護カードが出ないためうまく役割を果たせそうにない印象。
同じようなカードでもっと使いやすいJがいることを考えるとこのカードを選ぶ理由があんまり無い気がします。
援護HP-というスキルはやはり強力な火力と結びついて初めて生きると思います。

竜眼王の槍兵
手札の竜族が少ない時は竜族ドローとここまでは先の精鋭騎士とおなじなんですが、手札に3枚以上あるときはこちらはSPをバックします。
本人がレベル3になったため竜族ドローのために出しやすくなったのはいい感じ。
二つ目の能力は大型ユニットの立ち回りが多そうな竜族ファイルではなかなかいいのではないでしょうか?
ただ優秀な援護としてはコレットがいるためそこら辺の競合で頭を悩ませそうです。

秘宝を見つけた発掘者
レベル2標準ユニット+ランダムでSPゲットとアリーナでよく見かける長靴を履いた猫に似たようなスキル。
普段はこういったスキルは期待値で能力を評価するのですが今回の様な振れ幅の大きいスキルはほんとどっちが出るかで結構変わってしまうので難しいところ。
ただ長靴を履いた猫が援護でも使えるところ、妖精族であることが大きくカードの評価に関わっていることを考えるとこのユニットはそちらを越えることはない気がします。

妖精族の二刀剣士
能力としては小さくして多なる翼竜に似た感じでしょうか?
妖精族を山札に8枚というのはなかなか多いんで難しそうだなぁといった感じを受けます。
3つ目のオープン発動と援護で使用可能というのはいろいろコンボの可能性を感じますが、最近は普通のオープンダメージ系のカードも係数がおがってきていることを考えると現況のカードプールでは厳しいかなぁ。

知恵を得た巨大豚
知恵がついたことで今まで食ってきた山札を回復できるようになりました。選択3枚を戻すというのは今までありそうでなかった能力だったり。
ただ、勝利/敗北エリアに豚族カードがある時というのがネック。豚族が少ないうえ、単色であり、最低レベルが3なため出しにくく、本人もレベル4のためSP運用的に相当難がある気がします。
レベル1か2の豚族が加わり最初や低ゲット時に気軽に出せる豚族が出れば…というのはいつも思うところであります。

焼けつく大気
相手のサポートカードがある場合にしか発動できない上、墓地にこのカードがないと発動できない能力ってのは…
警戒はされるし、ファイル構成は縛られるしとこのカードを使う意味って何なんでしょう?
ゴウエンの援護HP-系の能力がコストに対して効果が控え目なため、バランサー的にはこの能力に対して結構警戒してるのかなぁと思ったりしたんですがフォルカウのカードたちをみるとそうでもない。
よく意図がわからないです。

最近になって強力な勝利/敗北エリアスキルというのが増えてきましたねぇ…
この便利スキルは神族をえらんでファイルを組まないといけない種族ファイルにあるだけでいいと思っていたりするんですが…
これも時代ですかね

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。