FC2ブログ
 

適当キングダム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LH 2/8修正考察(リフェス・ローティア編)

あんまりプレイしてなかったせいかここ半年位は修正がすごいテンポであるような気がします。
去年もこんなでしたっけ?
今回はマイナス修正もあり、マイルドな環境になればなぁと少し期待。

カード修正のページはこちら
本編は続きからどうぞ

太陽王国の盾騎士
LP4以上なら例外はあるとしてもそのターンは互いにダメージを与えられず、プレイヤーのSPを2増やす。
レベル3のオープンでほぼ確実にダメージ軽減し、実質のコストは1。LP3以下になると使えないカードになりますがLP3の状態なら治癒呪文使用で能力は使用可能。
根本的なLP削り合いの否定カードなので使うとしたら山札破壊系のみかな、と思いますがこういう読み合いの要素のほとんどないだるい感じのカードデザインは嫌いです。

光の精霊
敗北時発動が敗北エリアスキルとなり、オープンでのSPゲットを含めれば負ければSPがしっかり増えるユニットとなりました。
援護も可能となっており重要性が「SP>ドロー」なファイルであれば水の精霊清らかな女性の枠に入ってくるかも?
ただ、ユニットとして出した時、援護として出した時どちらも効果が小さくなおかつ種族的なうまみのないこのカードにファイルスペースを割くファイルがあるかというのは少し疑問ですが。

二枚羽『ビスティア』
援護発動が付いたのも1点ありますが、メインは2つ目のオープンの追加でしょうか?
6枚騎士カードが戻せればレベル3にサポートレベル3のユニットをつけるという行為もSP的にだいぶ楽になり、騎士ファイル自体に破壊耐性が付くのはなかなか面白いかも?
とはいえ、結局同色かつ同じような能力のカードをそれぞれ複数枚ファイルに積まないといけないということと天秤にかけるとやはり微妙な能力かと。
騎士ファイル組むとすれならば太陽王国の騎士隊長という優秀な候補カードが他にもいるわけでレベル3+レベル3が前提なユニットならばもっと革新的な能力が欲しいかな…

瑪瑙石のカーバンクル
以前は劣化シンシアとしか言いようのない能力でしたが、1つ目オープンの条件の緩和、二つ目のオープンの追加によって、他優勢でも打って出れる能力に。
山札15枚と仮定するとオープン二つ発動でAT60 Get2位までなら結構勝ちを見込める値となるので、序盤低ゲットで果敢に攻め、終盤戦は妖精と組み合わせて粘りながら隙を突いてフィニッシュみたいなファイル構成ならアリーナレベルで組めるかも…? 組んでみないと何も言えませんが><

闇の精霊
光の精霊のSP削り版?といった感じ。本体の能力が貧弱なため相手がノーセット出ないとほぼ勝つことはできないというのは悲しい感じ。
こちらも光の精霊同様にあまりに盤面に与える影響が少ないためこのカードのファイルスロットがあるのか怪しいなぁというのが自分の正直な感想です。

破壊鉄兵『XXX』
2回目の修正となるこのカード。
今回は実質コスト3でレベル5相当のパラ。アタック発動で両イクサーの山札、手札を1枚ずつ削ります。
使用したイクサーは捨てるカードを任意で選べるためコストも見た目以上きつくなく、地味に自分、相手ともに墓地を肥やす効果が大きいためレレイウレディアマリリス等の墓地に依存するタイプのの能力を使う前提でファイルを組むのが吉でしょうか?
レベル4以下としてはHPが大きい部類のカードなので魔獣王リヴィエラなんかとも相性が良さそうです。

闇精霊の魔剣士
以前の効果に加えオープンでAT+20が付きHP100まで削れるように、援護が付いたため使用範囲が広くなりました。
ただ、闇精霊も一緒に使いやすくなったとはいえ前のターンに闇精霊を出さなければ使えないのは想像以上に使いにくいし、さらに言えば読まれやすいです。
AGI5のためバルバラなんかにはいい感じに刺さりそうなのはいいのですが使用ターンが読まれやすいのは結構致命的かも。

獣化病/ダゴン
優勢ローティアのみですが相手のグリモアを選択的に落としてレベル5相当パラになります。
グリモアを落とせるということで、中盤位に打てば治癒呪文や罰の穴分解など切り札カードを落とせる事もあるため、相手の戦略を大幅に狂わせることもできるなかなか面白い一枚(かも?)。
速効系のファイルなんかではいい動きをしそうです。

動く鎧
敗北エリアのSPロックが敗北時と敗北エリアスキルに別れ、ガルディレア等から出す使い方の凶悪さはだいぶ軽減されました。
オープン発動で手札に奈落の軍団のカードがあるときHP+20という効果が付き、コンボ前提のカードというよりは古い城の死霊に近いカードになったかなと。
自分としては好きだったボルバロンファイルの一角を荷っていてもらっていただけに少しさびしい感じはします;;

呪われた邪悪な鎧人形
サポートをつけない時にはこちらのHP+20、相手のHPが-20
手札にローティア2枚以上でAT+10 相手のSP-1、勝利時には手札にローティア2枚以上で墓地にある鎧人形を1枚手札に戻すと以前に比べるとはローティアをある程度ファイルに入れた時に真価を発揮するようなカードとなっており、どんなファイルでもこのカードを採用しておけばOKという感じではなくなりました。
マイナス修正を受けたとはいえ能力としては非常にバランスのいい感じになっておりまったく見なくなるタイプのカードではないと思います。
(おそらく、まったく使えないカードにはしないことをかなり意識した修正だと思います)
とはいえ、メタの第一線からは外れるわけで当分は優勢ローティアはいろいろなカードが見れるかも?ですね。

月公国の伝令兵
一見面白そうなんですが、なんだかんだで3枚回収できる条件が整わず、なおかつこのユニットがほとんど勝てないというのが問題かと…
せめて2つ目のオープンでHP+10、AT+10等にして優勢下では魔弾の射手に運次第で勝てる能力にして、少しくらい夢を見させてほしかったかな…

ゴウエン・ファルカウは眠いのでまた後日><

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちはー
ダゴンの新スキル、グリモアを選択的に…でなくて、ランダムで…のような感じです。
(私ぼーっとしてるので、もし違ってたらごめんなさいmm)

トゥントゥ | URL | 2010年02月09日(Tue)16:23 [EDIT]


>トゥントゥさん
一応相手の手札のグリモアからランダムで落とすというのは理解しているつもりです。
相手のユニット、グリモア含めたカードから1枚落とすのではなく、相手手札のグリモアの中から(ランダムでありますが)1枚落とすため「選択的に」という表現を使っています。
(文章がわかりにくくてすみません><)

適当王子 | URL | 2010年02月10日(Wed)01:38 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。